RC scale model & Adult fantasy
SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
Access
OTHERS
FreeWing F-5N 修理

ラジ車を修理している合間に機体の整備をしておこうと。

 

一昨年の暮れに墜落して首がカコカコして放置されていたFreeWingのF-5N 80mm EDFを。

 

 

まだ、片手も飛ばしていないのに既にボロボロ。

 

幸いなのは原型は留めている事くらいかな...

 

 

本当にアーレスティングフックも使ってしまった、もちろんプラなのでバキバキ。

 

 

上空での安定感が全く無いので今回はエルロン、フラップと翼厚の半分づつ下げて設定。

 

これで擬似的に捻り下げ効果を期待します。

 

と言うより翼端に揃えると対象翼になっている様な気がしますが...

 

 

更に、上空でのパワー感が無いのでサブインテークを逆に塞いでみようかと。

 

どうにもインペラが空気剥離を起こしてパワーロスしているとしか思えません?

 

意外と5Sで回した方が良かったりして...

 

 

一通り組み直してみましたが果たして無事滑走路に戻ってくるのでしょうか?

 

かなり不安な機体です...

 

| F-5N 80mm EPO | 17:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
F-5N 初修理
先日、不時着一回とハードランディングをして脚を壊したF-5Nの修理をしました。

まずはメインギアー、サーボレスリトラクトのマウント部分が折れています。



もちろん、白いベースマウントも二分割しました。

幸い片脚だけだったのでベースマウントはそのまま再接着でサーボレスリトラクトを左右入れ替える事に。

当然、これだけの処置では強度的に問題なのでアルミで補強パーツを追加して取り付け。



一応これで元々の強度ぐらいは出ているはず、あまり頑丈に工作してしまうと翼自体が壊れてしまうので程々にしておきます。



脚カバーのクランプも折れてしまったので修理してみましたが上記の補強したら閉まらないので外しておきます。



脚に連動して閉まるカバーは大抵ここが折れるので細い針金(マチ針が一番)で再生しています。

それから駄目出し的な部分がもう一つ、フラップのヒンジ。



EPOが切れてプラヒンジがガタガタになっていました、強力テープで補強しておきます。


続いてノーズギアー。

脚が途中で止まってしまうのでサーボレスリトラクトのカムを痛めたのかと思っていたらステアリングのピンが引っかかっていただけでした。

一応三個のサーボレスリトラクトは全て外してオーバーホールしています、メタルカム仕様のデラックスな作りなので簡単には壊れそうも無いかな?



最後に1F目で不時着の際、カバーのヒンジを折ってしまったので棒ヒンジで再生。

真ん中に見えるバネが良い仕事をしているのですが壊すとかなり厄介そうです...
 
| F-5N 80mm EPO | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
FreeWing F-5N 着手
先日からの悪の連鎖を断ち切る為、遂にF-5Nに着手しました。



二段重ねに梱包された機体、箱から取り出すこの瞬間が一番楽しいですね。

カシャ、カシャっとパーツをハメてビス留めしたら組み立て完了!

最近のPNPは素晴らしいぜ、1時間程で終ってしまった。



ほとんど実機通り、デフォルメされていない機体はカッチョエ〜

自分が始めて飛ばしたEDFがスタマのF-5だったのですがサイズ的にはほぼ一緒。

しかしながらかなりデフォルメされていて不恰好だったのを覚えています。

EDFでは不可能だと思っていた実サイズのエアーインテークなど見事に再現されています。



下反角のついたフライングテールやフラップなど、動翼も良く出来ています。



最近、パソコンのディスクトップに使っている画像ですが見比べても違和感まったくありません。



アーレスティングフック、飛行性能には無意味なギミックですが結構リアルでたまりません。



ポン付けのメインギアーとサブのエアーインテーク、これで吸気効率補っていたのね。



ノーズギアもカバー付きでシッカリと完成済み、FRPとか弄っているのが馬鹿馬鹿しくなりましたハァ



でっ、いきなり飛行場へ...

(記事更新しようと下書きしていたのですが更新する前に時が流れてしまいました)



1F目、6S/5000mAhで離陸させたら機速がのらずヘロヘロで撃沈!

幸いサイドワインダー根元が取れた程度だったので接着して2Fへ。

今度は6S/3600mAhでチョイ前重で出撃したら進空してくれました。

しかし、プロポの設定がデフォルトのままだったので機速が載ってからのスピードに耐え切れず無理矢理着陸。

ノーズギアとメインギアの片方を骨折して終了。

フラップ設定が出来ずモデルタイプを変更してしまいEXPとDURの再設定を忘れていました。

まっ、とりあえず飛んでくれたので良しとしましょう。



何とか原型を留めて帰還したF-5N、丁寧に修理してあげましょう。


明日はクリスマス・イブ、サンタさんは何を運んで来てくれるのでしょうか?



...
 
| F-5N 80mm EPO | 08:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |