RC scale model & Adult fantasy
SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
Access
OTHERS
KYOSHO F-14 64mm Twin 可動翼

先日、無事上空飛行を終えたKYOSHO F-14 TomCatですが着陸に失敗して前脚を壊してしまったので早速修理する事に。

修理ついでに可動翼とエルベータのミキシングをしようとプロポに設定をしテストしたところ主翼が動きません?

設定にミスったと思いノーマルに戻しても動きません...

もしやと思いサーボを別な物に換えたら動きました、エッ
たった2フライトでサーボお亡くなりですか?

この機体、可動翼用のサーボマウントは13mm x 28mmの開口でミニサーボしか入りません、そこで適合しそうなサーボを選択すると「WAYPOINT W-150 Power」トルク4.1Kgぐらい。

でも、WAYPOINTってメーカーあまり良い噂は聞きませんね、W-150シリーズは高トルクが売りのようですが、すぐに燃えてしまう事例をよく目にします。

案の定、バラしてみたら



燃えていました...

幸い発火まで至りませんでしたが、酷い場合ケースまで解けてしまう様ですから。



しかし、何か対策を練らないと折角の可動翼が動きません、サーボのストックを物色していると「Towerpro MG946R」トルク 12kgを発見。

MG946RはStarMax F-14 60mm Twinで可動翼に使っていた物です、55gのラージサイズですが確実な動きを目指すなら、このくらい余裕をもっていきましょうと速攻で改造。



寸法的にはギリなのでサーボの取り付けブラケットを片方切り落として搭載です、さすがにトルク12Kgまったくサーボがウナリません、動きも前よりスムースになりました。



StarMaxのF-14で主翼を閉じたまま離陸した事がありますが、閉じたままの着陸には自信がありません。

先日のフライト中でなくて良かったは...

| F-14 64mm Twin EPS | 06:02 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
KYOSHO F-14 続き

仮組していてものすご〜く気になった水平尾翼、
エルベータの機体でこの強度はかなり不安です。

そこでF-15のフライングテール化で実績のある改造作業に突入。



TAMIYAのプラ板1mmで受け部分のパーツを切り出し
5mmのアルミパイプ(内径3mm)と3mmステン棒
本来ならば3mmのカーボン棒が良いのですがあいにくと在庫切れの為今回は代用です。



標準の黒い部品は取り外し切り出したプラ板外側用を基準棒をさしながら接着、
内側のプラ板は仮留めとしておきます。





接着されているピアノ線を剥がし、ステン棒に替えます。
このステン棒はL型にする必要は無く、ちょっと長目にして尾翼に差し込む感じでOK。



リンケージロッドの受け部品でステン棒を挟むように固定し、
尾翼の内側にも補強のプラ板を接着しておきます。



尾翼を取り付けボディーラインとの隙間を内側のプラ板で調整して取り付けは完了です、
あとはサーボの取り付けとリンケージロッドを張れば完成。



受け部品とリンケージロッドの張替えだけでも舵の入りは随分と良くなるかと思いますが、
機体に埋まっている黒い部品では間違い無く数フライトで発砲側がガタガタになってしまいます。
なので、最初から軸受けはプラ板で補強しておくことが懸命ですね。


それから90°オートローテーションのサーボレスリトラクトの改造です。



寸法的にはちょっとした加工でぴったりと収まりました、
取り付けは裏側からビス止めで強度的にも問題なさそうです。

主翼の骨材とメイン脚のベース部材が連結されていて非常に良く出来ています、
この辺がStarMaxのとは違うところですね。

| F-14 64mm Twin EPS | 19:07 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
KYOSHO F-14 64mmx2

暇なのでiPhoneでYouTubeを検索していたらこんなの見つけてしまいました。



ACECOMBAT6の映像ですがかなり良くできています、
VF-154 "Black Knights" 超リアルでカッチョエ〜!!

F-14と言えば、昨年StarMax 60mmx2に挑戦し、
金と時間をかなり注ぎ込んだ記憶があります。



しか〜し、残ったのは上記の写真(某有名な方に撮影してもらった)だけですね、
この後、着陸に失敗してゴミと化けてしまったドラ猫。

てな訳で今年も挑戦します、TomCat...



昨年、購入しておいたKYOSHO プリマクラッセシリーズ F-14

全長:1,194mm
全幅:726〜1,230mm
全備重量:約1,400g

現在のところ
塗装(VF-154 "Black Knights")とデカール張り終了、
引き込み脚をオリジナルからサーボレスリトラクトへ改造(もちろん90°オートローテーション)
まで進んでいます。

アンプを他の機体に使ってしまった為、メカ積み待ちと言ったところですが
StarMaxよりも一回り大きく、翼もしっかりとしているのでと〜っても期待しています。

ちなみに推定推力は2.2Kgの予定、
昨年の悪夢をリベンジするぞ!!

| F-14 64mm Twin EPS | 17:10 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |