RC scale model & Slow Life
SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
Access
OTHERS
F-2 VIPER ZERO 90mm 前脚

先日ハミングバード宇都宮飯山飛行場で行われた「東日本大震災復興支援Fly-in」
天候にも恵まれ大盛況だったそうです。


(写真はTeam Big MOTEGIのブロクおの*Pさんから拝借、スミマセンです。
コピーガードされているにもかかわらず、こちらの方が綺麗だったもので... )

koba3dさんからのTELではカミス模型のジェットエンジン機、
「本当に飛んじゃったよ!」と楽しそうに話していました。

仕事でなければ絶対に見にいったのにな〜...

しかし、関係者各位の皆様方は前日の雨の中、滑走路造りをされてたそうで
本当にご苦労様でした。

そんな訳でジェットが離着陸できるのだから90mmのEDF、
飛ばさない訳にはいきませんね〜

でも、mitzrcさんのブログではStarMaxのF-16 90mm、
前脚をサーボレスリトラクトに改造してからの初離陸でシャフトがポッキリと折れたそうで。

同じ改造をした我がF-2 VIPER ZEROも一度折れています、
強度不足と言うより過荷重が原因のようなので再改造を施しました。



ラジコン1さんで売られている「Freewing EuroFighter 90mm用 ノーズギア」

シャフトが4mm仕様でアルミパーツも頑丈に出来ています、
見た目もF-2にはピッタシな感じでGood!



付け替えもマウントブロックの追加だけでした、これで安心安心。

mitzrcさんには人柱になってもらった様で申し訳ありません、
お礼と言っては失礼ですがKYOSHO F-14 64mm Twinを週末に飛ばし結果報告いたします。

もちろん、F-2 VIPER ZEROも出撃予定で(^^;

| F-2 90mm EPS | 18:50 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
StarMax F-16 イメチェン

なんとか改修作業も完了し、飛びそうな予感がしてきたStarMaxのF-16 90mm

しかしながら自分の中では未だに飛ばないイメージしか残っていましぇん

そこで、思い切ってイメージチェンジする事にしました

名づけて、「Viper Zero」作戦です!



写真は昨年の百里基地祭で展示されていたF-2ですが、猛暑の滑走路でこのカラーリングを見た瞬間に惚れた機体です

双発機に比べるとかなり小ぶりですが、自己主張のハッキリとした雰囲気が気に入りました

実はスタマのF-16もこれ見て買ってしまったのですね...




しかしながらこのカラーリング、色合いが非常に難しい

あれこれ試行錯誤しながら頑張ってみた結果、これです







見比べてしまうと全体的に色合いが薄く、嘉手納のZZ F-15ぽくなってしまいました

しかし、非常に満足です
今は新しい機体として生まれ変わってしまい、別な意味のプレッシャーを感じています


以後、この機体は「F-2 Viper Zero 90mm」と呼ぶことにしましょう

| F-2 90mm EPS | 19:21 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
StarMax F-16 90mm 改修

震災から一ヶ月が過ぎましたが、福島の原発事故や激しい余震などまだまだ予断を許さない状況の中、入学式などの学校行事も終わり仕事の行方もぼちぼちと先がやっと見えてきました。

そんな中、StarMax F-16のパーツが香港から着弾したので早速、改修作業に着手してみました



【改修目標】

・推力増強によりパワーウェイトレシオを1:1以上にする
・現状2,700gのメタボな機体を2,200gまでダイエットし翼面積荷重を軽減する
・メインギアの取り付け位置を変更し、離陸時の頭上げを早くする

【注意事項】
昨年ハマッたStarMax地獄が頭を過ぎるので今回の投資資金は一諭吉までとし、
これで飛ばない場合はサッパリと廃棄処分とする


てな訳で、検討した結果

・Turnigy DSR-C Retract System $52.00



・3545-1850KV EDF Motor 90mm $19.76



High-Torque EDF Ducted Fan Unit 5Blade 90mm 1600W $17.55



送料込みで日本円約9,000-程でした

そして、ESCは手持ちのHobbyWing Pentium 80A(Max 100A)で改修開始です



では、パワーソースから

標準のユニットがESC、モーター、EDFで715gに対し
今回のユニットでは343gと-372gのダイエットに成功です

しかも、機体に実装してからの推力想定では2,400gオーバーしました
子供に手伝ってもらったのですが機体のデカさとあまりのパワーで抑えきれず瞬間目視でしたが...

それにしてもこのゴールデンボールのカタログ値2650gは満更では無いようです
64mm用、70mm用、そしてこの90mm用と嘘はつきませんね〜


続いて脚廻りです

まずは、メインギア骨材の変更



写真奥の板をコピーして脚受けの部分を手前に延長しました



取り付け位置がオリジナルよりもCG側に40mm移動
この改造、機首上げを早くする効果は抜群です

当然脚の長さも40mm短くする必要があるのでTurnigy DSR-Cを使う予定でしたが、推力が予想以上に出ていたのでオリジナル脚のバネを外し最短の位置でネジロックして使う事にしました



ノーズギアは脚に付いているステアリングサーボが嫌いなのでリンケージロッド使用に変更しました



ここで注意する点は発砲を掘り込む際、堀過ぎるとエアーインテーク内に達してしまうのでかなり危険です
オリジナルの立て板等でガッリと補強しておかないと離着時にインテーク内にぶち抜けしまうでしょう



さらに、ここまで順調に来たついでに気になるフライングテールにも着手



取り付けブロックの補強にプラ板1mmで側面補強
リンケージロッドを動翼に直接張る得意な方法へ

で、完了後は





こんな感じです、ノーズギアが実機ぽくってス・テ・キでしょう!

メインギアを短くする事で迎角も付き、芝でも離陸できそうです

が...

腹下の補助インテークから余計な物を吸い込みそうなので無理はせず、
AOFcまで温存し尾島スカイポートで飛んでもらう事といたしましょう

| F-2 90mm EPS | 18:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
StarMax F-16 90mm

本日は筋肉痛の為、休業日

こっそりと一人でStarMax F-16 90mmを飛ばす為に飛行場へ向かいました

風速5m程のやや強めの風がふいていましたが、
デカ目な機体にはちょうど良いかもなんて考えながら準備完了



眩しい光の中、アグレッサーカラーが一段と映えています

昨年の秋に製作したのですが前脚が滑走中に倒れ込んでしまい飛べず、
全ての脚をサーボレスリトラクトへ変更した機体

ず〜っと飛ばす気になれず飾っておいたのですが、
先日の地震で垂直尾翼と水平尾翼に被害を受け修理したところです

今日は飾っておいて飛べなくなるならば、
飛ばして散ってもらおうと覚悟して来ました


タキシングは順調、ステアリングも調子良く滑走ラインまで自走して行きます

これならば飛べると思い、一気にスロットルオン

右に少しだけラダーを宛てると真っ直ぐに走って行く機体

緊張する一瞬ですね




しか〜し、





向かい風5m以上なのに浮きません...



フラップをフルダウンしてリトライ



やはり浮きません


パワー不足と考えてバッテリーを新品に換えて再度挑戦したら





ノーズ脚のシャフトが折れました...



「もう止めておけよ」的、神のお告げを感じたので本日は撤収


やはり尾島に持ち込まないと飛行姿は見れないのかな?
アスファルトの滑走路で飛ばしてみたいところです

そう言えばLXのA-10 70mm x2も同じ様な事していました...

| F-2 90mm EPS | 16:03 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
StarMax F-16 90mm の脚改造
仕事が一段落し、久しぶりの休みなのでStarMax F-16 90mmを弄ってみる事に。

初飛行では完璧な前重状態で飛ばしてしまい危うくゴミになるところでした、
幸いにも無傷で帰還できたので脚の改造に着手します。

用意したのは香港で$27.99のServoless Retractable Landing Gear Left & Right (1pair)と$12.99のServoless Retractable Landing Gear Front (Steerable)

ノーズは付属のステアリングが使えないので3.2mmのモーターシャフトを代用しサーボ付きの脚をそのまま使用する事に。(カッコ良くないよね..)



スタマ純正のギアは外してみたところかなり動きが渋く
サーボのウナリが気になっていたところですがこれでスッキリ解消。



あとは、タキシング時のノーズギア倒れ込みが解消されればよいのだが...



後ろに見えるStarMax F-5E 70mmも前脚をサーボレスギアに交換済み、
尾島で三分割したStarMax F/A-18C 70mmも修復完了。



離陸準備完了、木曜日あたり何処かで飛ばしてみよっかな。
| F-2 90mm EPS | 16:37 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |