SEARCH THIS SITE.

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
Access
OTHERS
離陸出来ない...
先週から手を掛けてしまったFRPのF/A-18。

流石にこのサイズを弄っていると腰に負担が、手を出すにはちょっと早かったのではと後悔の念が...



そうは言っても、何とか脚が付いたので早速飛行場に持ち込んでみました。


狙った通り、しなやかなサスペンションはまるで実機の様で惚れ惚れします。

軽く往復させてステアリングのトリムを合わせて準備OK。

バッテリーが75%程なので離陸準備スピード程度までと思いスロットルオンして様子を見ようと思ったら。

目の前を過ぎたあたりでグニャリと折れました、ノーズギア。



これってメインシャフト、アルミだった?

一年以上も前に仕込んだ機体なので当時の仕様をまったく覚えていません。

対策考えて後日、再挑戦してみます。
 
| F/A-18E 90mm FRP | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
受信機がなくて...
今日こそF-5Nを作ろうと思って受信機を探しに倉庫に入ってみたら、あらま〜

完結していない機体が数機放置されている状態。

受信機だけ取ってくればいいものを結局、FRPのF/A-18を下ろしてきてしまったのである。



メイン脚を折ってしまい一年程、放置されていた機体。

とっとと飛ばして次に行きたいところなので、まずはこいつから料理してしまおうと。

がっ、折れたメイン脚が見つからず半日程探し回った挙句、無い...



胴枠とか他のパーツは全てあるのに肝心の脚が無いのでは飛ばないじゃん。

香港とか物色しても同じ脚が見つからず、メイン脚自体を別な物に交換するしかありません。


しかし、F/A-18のメイン脚って中々似合うのがないのが現状。

ここは、以前に造った実機と同じ動きをするギミック脚にするしかないと考えた訳です。



ところがこの脚もダンパー部分が一部欠損していて修理するにはアルミの鋼材が必要。

と言う事でホームセンターへ。


----------ここからはほぼ、身内の話になっています----------

でっ、バッタリした訳ですよ、EMRさん。

結局、バネは使えずネットで専門屋さんに注文したのですけどね。

2本で送料込み¥1,480-だって、高っけ〜


そうそう、言葉で説明しても多分理解していないと思うので写真で説明しましょう。

上の写真ではF-16様に30°に開いた真直ぐな脚ですが着地をするとあら不思議。



主軸の取り付け角度が30°で間接の折れ角度が30°、車輪の取り付け角度が30°で合計90°折れてどの位置でも車輪は常に真直ぐ。

しかも60°分外側に開くので安定感も抜群、誰が考えたのか超スーパー美脚です。

この脚は小物のRC用で完全に再現されている物が無いのですよ。

なので、ワンオフで造っていた次第。


まさか、この脚を再び使う事になるとは...
 
| F/A-18E 90mm FRP | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やっと飛んだ様な...
随分と秋らしくなってきた今日この頃...

三連休最後の日、気合を入れて飛行場へ行ってきました。

何でそんなに気合が入っているのかって...



HKの90mmF/A-18Eですよ〜、8月末から製作開始して脚の調整だけで半月も掛かってしもうた。

いい加減、飛んでもらいたいものです...

でっ、結果から言うと初めてマトモに浮きました。

がっ...

離陸して直ぐにフルパワー状態で一度失速して頭上げ、いつもの悪い癖です。

ハーフスロットで何とか姿勢を持ち直して第一ターンクリア。

直線に入ったところで徐々にパワーを入れるとまるでケツ重のような症状で激しいピッチング状態。

もはや3Dヘリ縦チク状態の様なスティックワーク。

何とかスロットをハーフに戻して機体は綺麗な水平飛行を始めてしてくれましたが、第二ターンで我慢出来ずスロット入れたら頭上げして即死しましたハァ。



こんな感じ...

幸い、フカフカの茂みの中だったので機体は無傷で回収出来ました。


ここからは推測、参考にならないかもですが一応記録しておきましょう。

・パワーを入れると吸気側で閉塞をおこしているような感じ(以前のF-22/70mmx2の様な)で推力ダウン。
・推力ダウンに伴い頭上げを始める、ベクターノズルでフィリップする感じ。
・パワーを抜くと頭下げて綺麗に滑空する。
・回収した機体をチェックしてもインテーク、及び排気ノズルに異常なし。

以上の現象から機体内で良からぬ事態が起こっているのではと推測し(過去の記憶からヒントを見つけた様なきがします...)プチ改造してみました。

次回に期待しましょう...
| F/A-18E 90mm FRP | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
飛ばないスパホ...

昨日は何としてもこいつを飛ばしたくて飛行場へ行ってきました。



正式名称はPro DESIGN F/A-18E Super Hornet 90mm EDF
HKより輸入の為、マニュアルは付属していません!

・Flying Weight 2700g(マニュアルでは2200g)
・Wing Span 920mm
・Length 1250mm
・Power 6S/5000mAh

・引き込み脚はサーボレスリトラクト仕様でメインはオリジナル、ノーズはHKのTrailing Link Oleo Leg



キットではE型のジョリロカラーだったのですが度重なる修理の末ベースカラーのみとなってしまいました、飛んだらVFA-195/DAMBUSTERSカラーにでもしてみようかと検討中。

今回は、モーターを新品へESCを80Aから100Aへ換装してのトライです。

モーターはHKのWarhead 3545-1850KV EDF Motor 90mm



ESCは同じくHKからTURNIGY K-Force 100A Brushless ESC



これってHobbyWingのPlatinum-100A-PROそのものでした。

実は、仕込みの段階でChangeSun 90mm 12Bを予定していたのですが静止推力のテスト中MAXパワーにした瞬間ユニット玉砕してしまいました。



振動も無く中スロットルぐらいから機体が浮き始まったのでかなり期待したのに残念。

原因は注意書きでインナーローター指定をシェラウド加工してアウターローター搭載したのがまずかった様です、推力に耐えられずモーターマウント部分から破断した様に思えます。

結果的にはキット付属の5Bで飛ばしたのですがやはり前回と同じく浮いてもヘロヘロ、まったく機速がのりません、早々に不時着させて撤収となってしまいました。

ん〜、再度12BにトライするかLiPoを8S仕様に変更するか...


先日のBBさん撮影、写真が届いています。



車輪が...

| F/A-18E 90mm FRP | 07:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
FRP F/A-18E 初修理

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

ここの所一段と寒さが厳しくなってきましたね、我が家では先週月曜日から子供達が順番に熱をだしてしまい毎日病院通いの日々が続いておりました。

風邪などひかぬ様体調管理に十分おきお付けください。

でっ、そんな中途半端な仕事の日々でラジコン修理の時間が取れました。




初めてのFRP修理なので戸惑いましたがホームセンターで物色していると色々と便利なグッズが販売されていました。



左からFRP専用補修キット、ファイバークロスも付いていました。

そして、補修前の修正用に対衝撃瞬間接着剤。

最後にまぜる必要なしのエポキシ接着剤。

早速、機体の修理を行ってみましたが意外と簡単!発砲より扱い易く自分には向いています。



それから脚の胴枠は全て壊れてしまったので思い切って引き込みに変更する事にしました。



まずは、ノーズ脚から



CG位置からしてバッテリーベッドと一体型での製作になります。

ちなみにこれで三個目、脚の納め等を検討しながら再設計したのですがこの組み込みがメンテナンスを考慮すると一番のようです。

現在、ノーズ脚は既に機体に装着済み。


あとはメイン脚の胴枠再設計になりますが90°オートローテーションを考えながらの作業になるので暫くかかりそうですね。

作業進みましたら又、報告します。

| F/A-18E 90mm FRP | 18:56 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>